スポーツチームにブロックチェーン上で投げ銭をする「エンゲート」

SHOW ROOM のように、投げ銭をする仕組みは既ににありますが、ブロックチェーンを使ってスポーツチームを応援する「エンゲート」というサービスが、ベータオープンしているようです。

https://engate.jp/

アクセスすると、応援できるチームが並んでいます。女子プロレスもあるのか・・・。

パブリックブロックチェーンには、NEMを採用しているそうです。あまり見たことがなかったですね、NEM採用サービスは。下記の記事でその理由が紹介されてますが、何でも手数料がNEMは安いんだそうです。

エンゲートが切り開くNEMブロックチェーンによるスポーツとトークンエコノミーの世界

NEM採用の技術サイドからの理由としては、トークン発行をするシステムの実装が簡単であるそうです。そうなのか・・・・。Ethereumは割りと敷居高めですからね。ちょっと使ってみたい気もします。

仮想通貨を持たないユーザーが参加できる

エンゲートの一番のポイントは、実はここじゃないかと思ってます。予想通りとはいえ、ビットコインを使える店なんてまったく増えない。Ethereumも使えないですが、PrasmaやRaidenなど期待したい。でも、まだできていない。そんな中で、日本円で参加できるのは大きいと思います。サービス内容も、スポーツチームの応援と参加しやすいものとなっています。

Qiitaに、EthereumについてEtherを持ってないユーザーをどうするか問題のエントリがありました。エンジニアとしても、こうやって試行錯誤したい。

https://qiita.com/doskin/items/5764c55e2bdd528db4ed

投機的な行動は抑制されている

サービス内でクレジットカードを使ってポイントを購入します。ポイントはエンゲート内でのみ使用でき、フィアット通貨などとは結びつかないようです。これにより、VALUのような投機的な胡散臭い行動を取ることは、抑制されます。まあ、こういう応援系のトークンに投機の意識が入るのは、よくないですな。サービスが、チケット転売ヤーのような敵意を持たれないためにも。

ブロックチェーンの使用意義

エンゲートの発行トークン(ポイント)が実経済で価値を持たないことにより、ブロックチェーン使用の意義は、投げ銭行動のブロックチェーン上への記録になります。

このブロックチェーンにパブリックなNEMを採用したことにより、エンゲート社内にプライベートチェーンもしくは既存型のDBサービスを構築して運営する場合に比べて、ユーザー候補に対する信頼度(心理的)が高くなります。

この、「ブロックチェーンだと信頼する」については、いろいろ考察しているところです。

購入できるポイント

ギフティング1

盛り上がっているときはこいつら。

ギフティング3

ちょくちょく投げるタイプ。

ギフティング3

Booもあるでよ。

お値段は、10,800ポイントの購入プランで、11,800円となっています。500ポイントプランが、600円です。

ポイントランキング

ポイントランキング

獲得ポイントによるランキングです。これは投稿時点の名古屋グランパスのキャプチャ。

リワード

ポイントへのリワード

投げたポイントに対するリワードもあります。名古屋グランパスのリワード画面のキャプチャ。

投げたポイントの上位にリワードを出すというのは、少し投機を呼び込む可能性があるか?

ありがちに、この界隈はデザインは手抜きですね。 だけど、ユースケースとしては注目して行きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です