日本のAI界隈は新興宗教と同じ

百人一首の話の続きで2ちゃんねるのことを書こうと思ったんですが、ちょっと別の話を書きます。

西垣通先生と西川アサキさん

3年前くらいまではビッグデータ、その次に来てる自意識過剰さん御用達ワードが人工知能なわけですが。どうも、シンギュラリティが来るとか職を奪うという方向の盛り上がりばかりに見えるのはなんでかなと、考えたわけです。シンギュラリティは来ると前提して、喜んだり受け入れるか、怖がるかどちらかしかないように見える。

西垣通さんという情報学の先生がいます。西垣さんは一貫してAIというかITの限界を説かれてまして、私の問題意識と合うのです。そこで、去年西垣さんのセミナーに参加したことがあるのですが。そのセミナーには、西垣さんのほかに西川アサキという若手哲学者も登壇してましてね。AIは大したことない派の西垣さんVS.AIが人間の知能を持てない理由がわからないよ派の西川さんという図式でした。

海外のAI事情はそれほどしっかり調べてないですけど、例えばこんな記事もありますね。

The End Is A.I.: The Singularity Is Sci-Fi’s Faith-Based Initiative

シンギュラリティの本場アメリカより、日本のほうがいわばAI信者が多いのではないかな。

AI信者という新興宗教信者

AIにすべて滅ぼしてしまって欲しいAI信者が、日本にはたくさんいる。教祖はレイ・カーツワイル。なぜか?

人間より優れたAIがすべてを変えてくれる(壊してくれる)と考えれば、いけてない人間(生物)である私も自意識を保てる

と考える人が多くいるからですよ。人間としていけておらず、生物としてもいけていない。だからAIでみんな滅びちゃえ。そういう表現を、「俺は頭がいいし哲学までしちゃってる」という高い自意識も込めてできてしまうことが、人工知能凄い系の流行現象の本質ですね。一昔前の「希望は戦争」のようなものです。

名古屋でとてもユニークな人工知能の講義を聞かせてくれた女性研究者もね、やたら忙しいせいかAIに人間を越えてほしいと思ってるみたいだったし・・・。社会システムもますます行き詰ったとき、ええじゃないかを踊りだすのではなくAIに何とかしてほしいと願う。

西垣さんは、もう70近い方で家族もおり好々爺のような方です。いっぽう西川アサキさん。アラフォー独身です。セミナーでのファッションがSFみたいなコスプレのようなファッションで、これまたこじらせ感が。黒のレザーが多く使われていたような記憶です。サイバーパンクではないんですが・・・。

こういう対照的なおふたりの、AIに対する賛否とパーソナリティと人生。いろいろ示唆的だと思いませんか。私も40オーバー独身です。そんな私が思うに、人工知能は奥深いですが、アルゴリズムは全部人工知能にされてしまう勢いの最近の風潮は、少子化や草食化や独身の交際相手なし70%と根が同じと思いますよ。

私は生物として強力でい続けたいと思います!フォースのともにあらんことを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です