月別アーカイブ: 2016年9月

日本のAI界隈は新興宗教と同じ

百人一首の話の続きで2ちゃんねるのことを書こうと思ったんですが、ちょっと別の話を書きます。

西垣通先生と西川アサキさん

3年前くらいまではビッグデータ、その次に来てる自意識過剰さん御用達ワードが人工知能なわけですが。どうも、シンギュラリティが来るとか職を奪うという方向の盛り上がりばかりに見えるのはなんでかなと、考えたわけです。シンギュラリティは来ると前提して、喜んだり受け入れるか、怖がるかどちらかしかないように見える。

西垣通さんという情報学の先生がいます。西垣さんは一貫してAIというかITの限界を説かれてまして、私の問題意識と合うのです。そこで、去年西垣さんのセミナーに参加したことがあるのですが。そのセミナーには、西垣さんのほかに西川アサキという若手哲学者も登壇してましてね。AIは大したことない派の西垣さんVS.AIが人間の知能を持てない理由がわからないよ派の西川さんという図式でした。

海外のAI事情はそれほどしっかり調べてないですけど、例えばこんな記事もありますね。

The End Is A.I.: The Singularity Is Sci-Fi’s Faith-Based Initiative

シンギュラリティの本場アメリカより、日本のほうがいわばAI信者が多いのではないかな。

AI信者という新興宗教信者

AIにすべて滅ぼしてしまって欲しいAI信者が、日本にはたくさんいる。教祖はレイ・カーツワイル。なぜか?

人間より優れたAIがすべてを変えてくれる(壊してくれる)と考えれば、いけてない人間(生物)である私も自意識を保てる

と考える人が多くいるからですよ。人間としていけておらず、生物としてもいけていない。だからAIでみんな滅びちゃえ。そういう表現を、「俺は頭がいいし哲学までしちゃってる」という高い自意識も込めてできてしまうことが、人工知能凄い系の流行現象の本質ですね。一昔前の「希望は戦争」のようなものです。

名古屋でとてもユニークな人工知能の講義を聞かせてくれた女性研究者もね、やたら忙しいせいかAIに人間を越えてほしいと思ってるみたいだったし・・・。社会システムもますます行き詰ったとき、ええじゃないかを踊りだすのではなくAIに何とかしてほしいと願う。

西垣さんは、もう70近い方で家族もおり好々爺のような方です。いっぽう西川アサキさん。アラフォー独身です。セミナーでのファッションがSFみたいなコスプレのようなファッションで、これまたこじらせ感が。黒のレザーが多く使われていたような記憶です。サイバーパンクではないんですが・・・。

こういう対照的なおふたりの、AIに対する賛否とパーソナリティと人生。いろいろ示唆的だと思いませんか。私も40オーバー独身です。そんな私が思うに、人工知能は奥深いですが、アルゴリズムは全部人工知能にされてしまう勢いの最近の風潮は、少子化や草食化や独身の交際相手なし70%と根が同じと思いますよ。

私は生物として強力でい続けたいと思います!フォースのともにあらんことを!

ちはやぶる 神代も聞かず 人工知能 シンギュラリティ 人智超えるとは(3)

(2)から3か月も経ってしまった。この問題こそ私のモチベーションなので、何年かけても続けますけどね。

  1. 1,000,000種類の記号の中からランダムに31の記号を選択する(重複を許す)
  2. 選んだ31の記号を、これまたランダムに並べる
  3. 1と2を1,000,000回繰り返す

この100万人1首を超高速処理するAIカルタというのを仮定して、いまのエンターテイメントが100万人1首になっていっているという私の憤りを書きました。

感じませんかね・・・。インターネットにしても、「面白い記事」という「型」があってそこへ当てはめたものばかりになってません?Facebookに流れてくる「面白いネタ」ってみんなこれだし、そういうのを馬鹿にする人種(例えばはてなー)だって、別の「型」に則ってるだけなんですよ。そして、だんだん型ですらなくなって高速記号処理に近づいて行ってるわけです。

Perfumeが主題歌を担当した映画「ちはやふる」を見て競技カルタを始めて、「心が豊かになった」という人がいる。最初の数文字で決まり手を判別して高速で札を取りに行く。この点で、競技カルタは高速記号処理に見えるわけです。AI100万人1首では心は豊かになりそうもない。じゃあ、百人一首はどうして心を豊かにできるのか?私の考えでは、時間の積み重ねである「歴史」と「身体」が存在するからだと思います。それは「意味」と言い換えてもいいと考えてます。飛躍があるように見えるでしょうけど、まあそれはおいおい説明するとして。

どうも人工知能の分野では、意味についてあまり扱いたくないのでしょうかね。深層学習流行りの最近では、ますます意味は知能の対象外になっているように見えますね。時間と身体を無視して、一次元的な記号列による表象ですべての知能活動を賄えるとしてしまう・・・。彼らは感情は知能の部分要素と思っているか、理性より劣ったものとして切り捨てているようです。

「人工知能」脳に近づくと、左が右と大差なく見えるようになっていきます。ゲシュタルト崩壊ともいいます。ところで、ゲシュタルト崩壊という現象も知能について考えるにあたって興味深いですね。

理系の研究所にいて人工知能を研究しているような人は、「面白くない自分」を気にして劣等感を抱いていたりします(笑) そこで、

「感情は知能に劣る。感情があるせいで冷静な判断を人間は下せないので、人間を超えた人工知能に様々な課題を解決してもらおう」

このようなことを考えているわけです。このことが正しいかどうかは置いておきます。最近のように社会全体が人工知能人工知能ということで、全分野で働く人の脳みそがAIっぽくなっていっている、とりわけエンタメ分野が面白くなさすぎるがウンコすぎると私は怒っているわけです。

次回 2ちゃんねるのコピペ文化へ続く